みなさまに支えられて35周年

026-224-2445

メニューを開く

ブログ | サンライズの作業日誌

秋に死ぬ虫、出てくる虫

2021年09月07日 更新

秋に死ぬ虫、出てくる虫
9月に入って涼しくなってくると、セミやカブトムシなどの昆虫は一生を終えて死にはじめます。
夏に捕まえて飼育していた虫が死んでしまったという方も多いのではないでしょうか?

一般に、哺乳類などに比べて昆虫は一生のサイクルが早いです。
カマキリやカブトムシなどは孵化してからおよそ一年前後で一生を終えます。
チョウなどではさらにサイクルが早く、1年に2回発生する種類では孵化から4か月程度で死んでしまいます。
個体としてみれば短い命ですが、寒さなどに耐えるために無駄にエネルギーを使わず、サイクルが早い分環境合わせて変化していくことができるため、見方によっては私たちよりも優秀な戦略といえるでしょう。

ただし、昆虫の中にも長く生きるものはいます。
短命のイメージがあるセミは実は幼虫時代が長いので、種類にもよりますが2~5年生きるそうです。
シロアリはワーカー(働きアリ)でも数年、女王や王は20年以上生きるものもいるそうです!

この時期に死んでしまった虫や、逆に姿を現す虫を見かけたら、彼らの生活環を想像してみると新たな発見があるかもしれません。

[次の記事] 月の光

[前の記事] 8月も残りわずか

サンライズお問い合わせフォームもしくはお電話にてお問い合わせ・お見積依頼ください。制作データについて、データをお持ちの場合は、初回お問い合わせ完了後、サンライズ担当者より届くご案内メール宛てにデータをご返信ください。デザイン制作をご希望の場合はお問い合わせメール内に「データ制作希望」とご記入ください。

お問い合わせフォームへ移動する お見積依頼フォームへ移動する お電話でのお問い合わせ 026-224-2445

最近の投稿

2021年12月03日 更新

クリスマスの準備

2021年12月02日 更新

手帳を切り替える季節

2021年12月01日 更新

みかんの季節

2021年11月30日 更新

冬ですね

2021年11月29日 更新

年末ですね

キーワード検索

カテゴリー

ページの上部へ