みなさまに支えられて35周年

026-224-2445

メニューを開く

ブログ | サンライズの作業日誌

行事の歴史や由来

2021年07月07日 更新

行事の歴史や由来
今日は織姫と彦星が一年に一度会える日、七夕ですね。

昔、疑問に思った事があります。何故、一年に一度しか会えないのかと。
何回か地域の催しに参加した事がありますが、願い事を書いた短冊や飾りを笹に飾るだけで、そういった歴史やお話を教えてもらった事はありませんでした。

バレンタインやハロウィンなどの他の行事もそうです。
自分で調べない限り歴史や由来を知る事はなく、クリスマスに至っては何故かケーキを食べる日という事しか分かりませんでした。

無宗教の人が多い日本だからこそ、行事の名前とやる事だけが広がってしまったんですかね。
不思議ですけど、様々な行事を楽しめるその姿勢はとても大事だと思います。

[次の記事] 梅雨が明けて

[前の記事] 1年の折り返し

サンライズお問い合わせフォームもしくはお電話にてお問い合わせ・お見積依頼ください。制作データについて、データをお持ちの場合は、初回お問い合わせ完了後、サンライズ担当者より届くご案内メール宛てにデータをご返信ください。デザイン制作をご希望の場合はお問い合わせメール内に「データ制作希望」とご記入ください。

お問い合わせフォームへ移動する お見積依頼フォームへ移動する お電話でのお問い合わせ 026-224-2445

最近の投稿

2021年07月21日 更新

梅雨が明けて

2021年07月07日 更新

行事の歴史や由来

2021年07月02日 更新

1年の折り返し

2021年06月29日 更新

カタツムリもいろいろ

2021年06月23日 更新

雨の降る

キーワード検索

カテゴリー

ページの上部へ